最新記事

2012/11/25

【舞台探訪サミット2012】舞台探訪AWARD2011・第2部分科会(自転車部会)


7月に行われた第5回舞台探訪サミットにおいて、
内部コミュニティ「自転車部」による発表が行われました。

テーマは以下の3つ。

1つ目は、「自転車導入においてのチェックポイント」

舞台探訪の移動手段として自転車を使うことの提案と、
使用する自転車の選び方についての発表です。
候補に折り畳み自転車とロードバイクを挙げ、それぞれの一長一短を説明しました。
また、運用上の諸注意として、鍵の重要性、交通ルールについても言及しました。

2つ目は、「目的までの自転車の移送手段」

舞台まで自転車をどう運ぶかについての発表です。
現地まで漕いで行く「自走」、電車などの交通機関に載せて運ぶ「輪行」の他、
車輸送や宅配便輸送、考え方を変えてレンタサイクルに至るまで、
様々な方法ついて一長一短を説明しました。

最後は、「痛チャリの作り方」

漫画やアニメ、ゲームのキャラクターなどのステッカーを貼り付けたり、塗装を行って
装飾した自転車「痛チャリ」(痛車の自転車版)の作り方と作成記の発表です。
用意する道具や、作成上の注意点など細かい説明があり、
初めての人でも出来そうという内容でした。

初めての発表ということで、慣れていない面が多く、
予定1時間のところを3時間の超大幅オーバー。
その結果、2つ目の発表終了時点で、宿の大浴場が閉まる30分前という事態になり、
一旦中断して慌てて入りに行きました。

次回からは円滑に進行できるよう努力します。
また、これを機にもっと自転車部としての団体活動を増やして行けたらと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿